広大地評価とは|広大地判定の事なら名古屋の愛知不動産鑑定所へ【全国対応】
  • 私達が選ばれる理由
  • 事務所のご案内
  • サービスの流れ
  • 料金体系について
  • 税理士会計士の皆様へ

広大地評価とは

広大地の改正について

平成16年の改正で「広大地評価」の計算方法がとても簡単になり、大幅に納税者有利になりました。 ただし、計算は大幅に簡便化されたものの、その前提である広大地の判定は専門家でなければ困難です。

従来の広大地評価方法

「その地域における標準的な宅地の地積に比して著しく広大な宅地」の地積の内、「公共公益的施設用地(道路、公園等)となる部分の地積」 を控除した地積が占める割合を補正率として、奥行価格補正率に代えて適用する。

改正後の広大地評価方法

補正率を、その広大地の地積のみを変数として用いた算式によって算出するため、従来の方法において困難とされてきた 「公共公益的施設用地となる部分の地積」を算定する必要が無くなり、その結果、簡単に土地の評価減をする事が出来るようになりました。 ただし、不整形地補正等の他の補正要素は、都市計画道路予定地の補正を除き、原則として重ねて加味する事が出来ないこととされました。

お問い合わせはこちら